BLOG喫茶部ブログ

2022.09.15

[学生記事]神戸女子大学×喫茶部ガレージ<農業ワーク>

ビニールハウスでの作業

今回は、甲南大学の学生さんたちと一緒に三木市で前回もお世話になった
農家の方のもとで農業のお手伝いをさせていただきました!

まず現地についてから農家の方、甲南大学の学生さん、私たちでご挨拶でした。
今回のお手伝いは、イチゴ農園のお手伝いで土入れをさせていただきました。
注意事項などの説明の後、グループに分かれて袋に入っている土を
ビニールハウスの中に運び、土を入れていきました。

一度入れた土は10年使い続けると聞き、とても大切な作業の場に参加させて
いただいたのだと思いました。

丁寧な作業のなかにも素早く短い時間で終わらせることが必要になるなど、
時間をかけて作業をただするだけではいいということではないと学びました。

作業をするなかで効率を考えて機械化をする部分もあるが、
人の手で行う方がよいこともあるという風にお話を聞き、
作物のために工夫をして育てられているのだとわかりました。

昼食

今回は農家の方が昼食を用意してくださいました。
ビリカコーヒーさんのお弁当をいただきました。
とても美味しかったです。ありがとうございました。

農家の方々とイチゴのことや新しい作物を育てる準備のことなど興味深いお話を
することができました。

初めて知ることが多くとても楽しかったです。

最後に

農業初心者の私たちに様々なことを教えていただき、質問にもたくさん答えていただきました。
農業を心から楽しんでいる様子や作物をとても大切にしていることがすごく伝わってきました。

これからもたくさんお手伝いをして、お役に立てればうれしいです。

今回の活動に際して朝から送迎、サポートをしてくださった小林さん、二瓶さんありがとう
ございました。

記事編集者:梶原菜々音
神戸女子大学 地域学習

貸し会議室・フリースペースの
予約はこちら