BLOG喫茶部ブログ

2022.11.14

トークンエコノミー暮らしについて Peace Coinを利用したNwellcoinとは

こんにちは!
喫茶部学生スタッフのこうたです。

私は、昨年の7月に学生団体「マルフェ」に加入し、
まちづくり活動において喫茶部とコラボさせてもらっていました。
そして、今年の9月から学生スタッフとして加わりました!
どうぞよろしくお願いいたします!

私が喫茶部に関わらせてもらうようになってから、一番関心を持っているものがあります。
それは「PEACE COIN(ピースコイン)」です。
このブログでは、「ピースコイン」とは何か、
そしてピースコインの1つである「NWellCoin」の特徴、
ピースコインの本当の価値について、私の目線からお伝えします。

少しでもピースコインについて知りたい方、
精神的に豊かな生活を送りたい、人とのつながりを大切にしたいと思っている方に、
このブログが届けば幸いです。

ピースコインとは

まずピースコインとは、阿部 喨一さんがエストニアで
「PEACE COIN OÜ」という会社を立ち上げ、
その企業が発行している暗号通貨です。
そして、ピースコインとは、「感謝」を循環させる暗号通貨です。
これだけを聞くと、難しく感じますが、
「普段、お金で価値がつかない『ありがとう』を伝えたいものに使える」
ということです。

皆さんの身の回りにも、賃金としてのお金はあげられないけど、
ありがとうの気持ちを形で伝えたい方がいるのではないでしょうか。
例えば、ボランティアで小学生の交通安全を見守ってくれている方、
作った野菜が余ったからとおすそ分けしてくれる方、
知っている知識を無料で教えてくれる方、色々な方がいると思います。

そんな「お金にはならないけど、頑張っている人」に
ありがとうを形で伝えるのがピースコインです。

NeutralWellCoin
(ニュートラルウェルコイン)とは

㈱喫茶部はピースコインを利用し、
独自の暗号通貨「NeutralWellCoin(ニュートラル ウェル コイン)」
を発行しています。

ピースコインの中には、様々な種類があります。
「NeutralWellCoin(以下、NWellCoin)」は、ピースコインの中の1つです。
その特徴として、暮らしに寄り添った暗号通貨であるという点が挙げられます。

現在、NWellCoinの使い道としては、農家さんのトマトや枝豆、
洗濯洗剤などをもらうことが挙げられます。
一方、NWellCoinをもらうためには、
地域のごみ拾いなどのイベントに参加する必要があります。
もらう方法はこれだけに限らず、自分で作り出すことができます。
周囲の方の「ありがとう」を引き出せばよいのです。

そして、関わる人が増えるほど、交換できるものが多くなっていきます。

ここで1つの利用例を紹介します。

まず、私が所属している「マルフェ」で行っている「ゴミ拾いウォーキング」という企画があります。
これは、まちのゴミ拾いをする企画です。
この企画を月1回行うことで、ピースコインをもらうことができます。(まちの人からのありがとうの意味を込めて)
もらったピースコインで、市場に出すことのできない(ロスになる)枝豆を購入し、
家で美味しく頂きます。

 このように、ピースコインは人々の暮らしに近いところで活躍する通貨です。
生活していく中で、「ありがたいな」と思う方にあげたり、
自分が人の「ありがとう」を引き出すことでもらえたりするのです。

ピースコインの本当の価値

ピースコインの価値の見出し方は人それぞれですが、
私が考えるピースコインの本当の価値は
「すべての頑張りに価値がつく」
「人と人とのつながりができやすくなる」
ことにあると思います。

 頑張ったことにピースコインの形で価値をつけることで、
自分が伝えたいありがとうを形にして伝えることができます。

 また、ありがとうを伝える形があることで
人に頼りやすくなり、頼られやすくなります。
これによって人とのつながりの中で、精神的な豊かさとともに
生きていくことができます。

このようにピースコインは、価値づけや繋がりの創出を通して
精神的な豊かさを育んでいくことに
本当の良さがあります。

私自身、まだまだピースコインやNWellCoinについて、知らないことだらけです。
これからどんどん使いながら、学んでいきます!

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

貸し会議室・レンタルスペースの
予約はこちら