BLOG喫茶部ブログ

2020.08.09

【お教室】8月27日 折形(おりかた)−暮らしの中で愉しむ季節の折形−

折形とは・・・・
和紙を一定の形の折って品物やお金を包む、包み方のこと
また、折り上げた包の型です。
歴史を遡ると600年ほど前、室町時代から日本の文化
足利義満の時代に、礼法として定められていたこともあった。
それ以前にも折形の歴史は残っています。
人に物を送る際に包むという作法。

折形で使われる紙は和紙です。
和紙は白いものが多く、まっさらな心で相手を敬い、間柄を大切にする美徳がそこにはあります。

折形を折り進める中で、「折形」の文化に触れていくことを大切にしています。
自分以外の誰かを思う、日本人の持つ思いやりがそこにはつまっています。

毎月テーマを変えて開催いたします。

■お教室内容
今月の折形
・香包(こうづつみ)
・うさぎの粉包

■講師
小池 博美
大阪の結納店 「荒木蓬莱堂」の店主、荒木隆弘氏に師事されている。
日本の伝承の包みの型「折形」を伝えています。

■開催日時
2020年8月27日(木) 13:30〜15:30
※受付13:30より

■お教室代
3,000円

◼️開催場所
喫茶部ガレージ 兵庫県西宮市馬場町3−19 2F
>Google mapはこちら

◼️お申し込み
お申し込みはこちら

ご注意事項
ご受講の際はマスク着用、手洗い等をお願いしております。
ご協力の程よろしくお願いいたします。
アルコール消毒、十分な換気等の対応にてご受講いただきます。

貸し会議室・レンタルスペースの
予約はこちら