BLOG喫茶部ブログ

2021.05.25

「お客様に寄り添い、期待に応える」 株式会社Re Loop 代表取締役 小野信一さん

今回は、株式会社Re Loop 代表取締役の小野信一さんにお話しを伺いました。
小野さんは株式会社喫茶部の共同代表として、喫茶部の運営にも携われています。
喫茶部ガレージのデザイン施工は株式会社Re Loopによるものです。

インタビュー

■Q
本日は、よろしくお願いします。まず、小野さんのお仕事内容について教えて下さい。
■小野さん
不動産事業と工務店の事業を一括に行っている会社「株式会社Re Loop」の代表取締役をしています。
「扉が動かない」というような小さな相談から、店舗のリノベーションのような大きな相談まで、さまざまな仕事を行っています。
現在では、会社を経営しながら業務にも携わり、株式会社喫茶部の共同代表もしています。

■Q
会社を立ち上げられたきっかけは何だったのでしょうか。
■小野さん
会社を立ち上げる前は、不動産会社と工務店で働いていたのですが、お客様にとっては「1つの窓口のはずなのに2つの窓口で分かりにくい」という課題を感じました。
そこで、不動産と工務店の窓口をひとつにすれば、お客様がわかりやすく、安心感にもつながるのではないかと考え、事業を起こしました。

■Q
Re Loopさんがお仕事をされる中で大切にされていることは何ですか。
■小野さん
相談を受けた時点から、お客様のお話を丁寧に聞くように心がけています。
また、物件探しからリノベーションまで、スムーズにスケジュール管理ができるところです。

■Q
お仕事でやりがいや、やっていてよかったと思う時は、どんな時ですか。
■小野さん
お客様が知り合いや他の人に、弊社を紹介していただいた時にやってよかったと感じます。

■Q
これからチャレンジしたいことはありますか。
■小野さん
お客様の要望に応え続けて今の会社の形になったので、これからもお客様の期待に応えられるように動いていきたいと考えています。

■Q
小野さんはRe Loopを経営しながら喫茶部の共同代表としても活動をされていますが、喫茶部へはどのような思いを持たれていますか。
■小野さん
今までは、お客様を相手に仕事をしていましたが(BtoC)、喫茶部で初めて事業者同士での仕事を経験しました(BtoB)。
見たことのない世界を見ることができ、面白く感じています。
どんどん大きくなっていく事業の展開を楽しみながら、仕事ができています。
喫茶部の仕事内容は刺激的で楽しいです。

■Q
喫茶部の月額会員さんや利用者さんとはどのように関わっていますか。
■小野さん
いい意味で、運営側と利用者という意識はなく、お互いの仕事が一緒できればと思います。会員さんや利用者さんがそれを目的としてきてくれたら嬉しいです。

■Q
喫茶部をこれからどのような場にしていきたいですか。
■小野さん
喫茶部を通して、自分たちだけでなく、さまざまな方が成長できる場になればと思っています。

ありがとうございました。(取材日2021年3月31日)

 喫茶部の共同代表 左:高須賀 中:小林 右:小野

 

about


株式会社 Re Loop
(不動産業 / リノベーション業)

・キャッチコピー
真っ白な気持ちであなたと暮らしを考える。

・会社のコンセプト
(Re Loop)リループは“お客様の暮らしをより安心にかつより豊かに”するための身近な存在であり続けます

https://www.re-loop.jp/

 

取材・編集を終えて


取材・編集スタッフ:喫茶部ガレージスタッフ、くるみんとかよこ
〜取材を終えてのコメント〜

貸し会議室・フリースペースの
予約はこちら